マヤ暦とは・・・

 

古代マヤ族が使っていた暦のことです。

マヤ民族は天文学や数字にとても長けていた民族でした。星の動きなどを観測して精密なカレンダーを使って生活していた民族です。

 

約17~19種類の暦を用途によって使い分けていたといわれています。約5125年周期の長期暦・約256年周期の短期暦・365日周期のハアブ暦(農耕暦)など色々な周期の暦がありました。

 

 

 

数ある暦の中でも、マヤの神官が使っていた260日周期の『神聖暦(ツオルキン暦)』を、マヤ暦と呼んでいます。

 


マヤ暦はじめて無料講座30分(無料)

毎日朝8時に配信する一日の意識エネルギーをより理解して、気づきのある生活をするために、260日の全体の流れを知ることが大切です。

ZOOMでの講座になります。

【講座内容】

・マヤ暦とは

・260日の流れ

 

 Zoomとは?オンラインで会議をできる仕組みです。
・パソコン(Windows・MAC)・iPhone、iPad・Android、Androidタブレットなどの機器を利用します。
事前にZoomアプリのインストールが必要になります

Zoomの設定や使い方はこのページを御覧ください

http://jpca.co/knowhow/zoom/

 

お申込みはライントークから、お気軽にどうぞ~

私たちは、12か月=60分の流れる時間に日々追われて生活をしていますが、13日×20の意識エネルギーの自然時間を意識することにより気づきが起こります。

考えるのではなく感じるようになる右脳意識で生きるようになっていきます。

 

毎日の意識エネルギーをお知りになりたい方は

毎日朝8時にlineにてお知らせをしております。

ライン登録"https://lin.ee/gVFojtD"